2007年 05月 13日
To the next generation
突然ですが、私、スケ丸は、2007年5月8日に…

第一志望の会社から、無事、内定をいただきました♪

f0011491_351077.gif

(今回の絵は、就職活動中の良い思い出(?)を背景にしてみました~☆(左上の絵は、分かる人にはわかる絵だと思います…(汗)))

いやぁ~…もう、本当に苦しかったです…(涙)
本当に時間がなく、二ヶ月間更新できない状況でしたね…
なので、いきなりのご報告になってしまいましたが、お許しを…(汗)

久しぶりの更新…楽しいね!!(笑)
今日は、ちょっとまじめな文章書くかも。

この二ヶ月間、自分にとって、本当に苦しい時期でもありました。
SPIという、一般常識の問題を一日に20ページ以上やり、学校課題のレポートの提出、就職活動の書類提出、自作格闘ゲームの編集などなど…
(おい、一番最後は大変なことだけど苦しいことじゃないだろ…(一人ツッコミの図))

やっぱり、就職活動は自分の将来に関わることなので、今までになく真剣に取り組みました。
親とも、いつも以上に話し合って、「こんなところは?ここは?」と、さまざまな企業を調べました。
でも、なかなか決まらずに、四月に入り、正直、ものすごく焦っていました。
そのとき、自分は、サービスエンジニアになりたかったんだけど、やっぱり、親からも先生からも「サービスエンジニアなどの営業は相当厳しい。」
と、いう話をたくさん聞いていたので、なかなか「よし、行くぞ!!!」と、一歩踏み出せなかったからだと思います。

でも、ある日、趣味のジョギングで土手を走っていたとき、「自分ってなんなんだろう?」って考えながら走っていたら何故だかものすごく苦しくなってきました。
気がつくと、もう一時間以上走っていたんだよね…そりゃ苦しくもなるよ…(汗)
でも、この日は苦しくても辛くても、走るのをやめたくなくってものすごく不思議な感じでした。
んで、もう日が暮れるまで走って、さすがに「もう死ぬ…」って思ったときに走るのをやめました。
そこで、思い出したのは昔、自分の体が喘息で弱かったときのこと。
俺の喘息は結構酷くて、昔は学校に行って急に息苦しくなって一時間目も受けずに早退したこともありました…。
でも、そんなとき、いつも俺を支えてくれたのは、家族と医療。
深夜に、急に発作が起きて病院に行くときもありましたし…。
そして、吸入器で薬を吸うと、発作がおさまりました。
なんか、そんなことばかりを思い出して、改めて俺が今生きていることに感謝しました。
感謝すると同時に、「今度は、俺が両親と医療に恩返ししなきゃ…何悩んでんだ俺は…」って、気持ちでいっぱいになり、
俺は医療機器メーカーへの就職を、そう、メディカルエンジニアになろうと決めました。
四月の初めに、卒業研究の先生が、俺に「スケ丸、こんな会社あるけどどうだ?」と、いった感じに、声をかけてくださり、会社見学に行きました。
その会社は、医療機器の会社でした。

今思うと、コレがなかったら俺、どうなってたんだろうって思います。

会社見学を通じて、現場のみなさんの真剣さや、機器の精密さを知ることができたし、どんな機器を作っているのか?そして、どんな気持ちで作っているのか?など、
多くのことを知ることができ、改めて医療機器メーカーへの就職を決意しました。
俺が見学させていただいた企業は、妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんの様子や胎盤に、異常があった場合の早期発見、
心臓の血流や映像を見て、異常がないかを検査することができる装置や、
骨密度を測定できる装置や、ガンの幹部を加温してガンの増殖を抑えるハイパーサーミア装置などを製造、開発している会社で、
人の命を本当に守りたいという人が集まっていて、ものすごく真剣さが伝わってきた。
この会社見学は、俺にとってものすごくプラスになった。
見学させていただけて、本当にありがたかった。

会社見学後、様々な医療機器メーカーさんのホームページチェックや、資料室でのパンフレットチェックをしたが、やっぱり、見学させていただいた企業が
俺の中でものすごく輝いていたし、命を守る最前線に立っていたことから、「もう、100%ここしかない!!」と思って、
見学させていただいた企業の入社試験を受けた。

何度も何度も面接練習とSPIの問題集をやり、一次試験に備えた。(試験の3日前に英語のテストがあると聞かされたときは、もう、どうしようかと思った…(汗))
おかげで、一次試験時の面接では、自分が伝えたいことをすべて伝えることができ、自分でも納得のいく結果になりました。
正直、SPIと英語は自分では、全然できていないと思っていたのだが、一次試験の翌日に、進路の先生から「一次試験通過したよ!!」と、聞いたときは
大分、安心しました。(本当に不安だったのに、結果が翌日でしたから…(汗))

二次試験は、面接だけだったのですが、一次試験同様に、真剣に面接練習を何度も何度も行いました。
ゴールデンウィークが終わってからすぐに面接だったので、ゴールデンウィークのほとんどが、鏡の前で自分との面接練習でした…(汗)
でも、そのおかげで、二次試験も、緊張せずに、リラックスして受けられましたし、言いたいことを一次試験時同様に、すべて言えたと思います。
でも、何よりも力になったのは、二次試験前に人事の方が「スケ丸君なら元気よくいけば100%内定ですよ!!」といってくれたことでした。
二次試験の結果は5月中旬ごろまでには出るとのことでした。

翌日…

進路指導室の前に『スケ丸君 至急』という紙が…(汗)
「ダメだったのか…」と、気を落としながら進路指導室に入ろうと思ったら進路の先生が別の子と話しあっとるではないですか…(涙)
とりあえず、お友達のとーち君と進路指導室の前で待つことに…

数分後…

進路の先生が話し終わったようなので、入室…


スケ丸:「失礼します…(終わった…(涙)」

先生:「おぉっ…来たか…」

スケ丸:「はい…(さぁ、俺を言葉の暴力で殴ってくれ…(謎))」

先生:「スケ丸君の結果は…」

スケ丸:「…ゴクリ(ズギューーーーン!!(謎))」

先生:「こういうことで…(結果の書かれた紙を指差して)」

スケ丸:「………………………なっ…ないて…内定!?あっ…ありがとうございます!!!」


と、いった感じで、結果報告されまして、内定をいただけました☆
進路の先生とは、何度も喧嘩しましたが、このときに言われた「おめでとう」には、正直泣きそうになりました(汗)
先生には、本当にお世話になりました。
でも、何より一番お世話になったのは、卒業研究の先生で、面接練習を何度もしてくれたり、進路について、何度も相談にのっていただいたり、
面接時にどんな風にしたら良いかなどを詳しく教えていただいたりと、もう、数え切れないくらいお世話になりました。
俺は、この一年、一生懸命に卒業研究に取り組み、最高の結果が残せるように、先生と共に頑張っていこうと思っています。

いやぁ~…本当に嬉しかったです。
自分が心から「是非、この会社で活動したい!!」と思った会社に気に入っていただけて、これからはその会社の一員になれるのですから…
そして、これからは、みなさんの命を守っていけるよう、一生懸命に勉強していきたいと思っています。
これからは、俺が両親と医療に恩返しする番です。
恩返しが済んだら…結婚したいねぇ…←何言ってんだ、俺は…(照)

なんだかんだで、俺はまだ、本当に嬉しかったとはいえ、心から喜んではいません。
やっぱり、はみ珍メンバーや、クラスのみんな、他のクラスのみんなの進路がまだ決まっていないのに、自分だけ大喜びするのは俺にはできません。
みんなに、本当に行きたい企業、大学に行って欲しいと、俺は心から思っていますし、手伝えることがあるなら、喜んで手伝わせていただきたいと思っています。
どんな人にでも、遠慮なく、言って欲しいです。
本当に、みんな、今が一番苦しいときだと思います…でも、頑張っていればきっとその後には楽しいことが待っていると思うから…
みんな、頑張って!!応援しています。これは、嘘偽りなく、思っています。
みんなが第一志望の企業、大学に内定、合格できますように!!!
コレが叶うなら、何でもするさ♪
Search the best way!!!

そして、俺自身は、これから、次の世代のことも考えて、明るい未来を作っていけるような人間になりたいと思っています。
これからも、この気持ちを忘れずに、生活面も、学習面も、もちろんブログも♪頑張って生きたいと思います☆

…と、いうわけでみなさんご心配おかけしました!

(今回は、ものすごく長い文章になっちゃいましたね(汗)時には、こういうのも良いかな!?(汗))


ってなわけで、これからは、また、みなさんのブログにお邪魔させていただきます☆
過去ログみなさん、どれくらいたまってるんだろうか…(笑)

レポート作成の合間にお邪魔しますので、そのときはお手柔らかに♪
[PR]

by SUKEMARU-SUKEMARU | 2007-05-13 05:18 | お知らせ


<< 一人目♪      写真館で写真を撮るというのは、... >>