2006年 06月 24日 ( 2 )

2006年 06月 24日
何故か、朝方は不機嫌そうな顔をしているあなたに贈る心の叫び
今日(6月24日)は…

心の友、ドラゴンの誕生日!!!

f0011491_21433011.gif


(やったなぁ~!!!ドラゴォ~ン!!!これで、色々やりたい放題だね!!(謎))

ドラゴンとは、高専ではずっと同じクラスになるようです♪
高専の一、二年生の時も一緒のクラスだったし、三年生のときのクラス替えでも同じクラスだったので、それ以降、クラス替えがないのでずっと一緒です♪
正直、めっちゃ嬉しかったね、マジで☆
ドラゴンとはドラゴン○ールやONEP○ECEなど、マンガの話を結構するよね~♪
そして、テスト前には情報工学などの専門科目を教えてくれる良い人なんよ(涙)
ドラゴン、いつもありがとうね(涙)
パソコンで絵を描くのがうまいドラゴン♪
体育の時、暑いのが苦手だから最近では一緒にテニスをしなくなってしまったドラゴン☆(笑)
プログラミングが得意なドラゴン♪
ロナウジーニョに似ている(?)ドラゴン☆(個人的にはまったく似てないと思うけど、周りの人は似てるって言ってる…似てないけどなぁ…(汗))
めずらしい漫画、『ぼのぼの』を集めているドラゴン♪結構お茶目だよね♪(笑)
もう、ドラゴン…



君は素晴らしいよ!総合的に!!

(ドラゴン、ブァンズァ~イ!!!(外人風(笑)))

…ってなわけで、ドラゴン、君はついにまた俺よりも年上になってしまったね…でも、敬語は使わんからね!!!絶対に!!!(笑)
(以前、「ふっふっふ…今日から俺は君より年上なのだから、崇めたまえ…」とか言われた記憶があるからね(笑))
俺もはやく大人になりた~い!!!俺ってばも…脱子供したいわ~(謎)
ドラゴン、情報系の科目、全くわからなくて教えてもらってばかりですいません(汗)
俺ってばは…出来の悪い子ですわ(涙)
ドラゴンとは、マンガ系のネタがたくさん通じるのでもう、会話するの大好きです♪
今度、また、銀ちゃん(銀魂)貸してくださいな~☆
俺ってばもまた学校になんか面白いマンがあったらもって行くわ~!!!(笑)
これからもよろしくね、ドラゴン☆

…ってなわけで、ドラゴン…














19歳おめでとう!!!!

(初代"スケ珍"の時にドラゴンの誕生日の時に描いたポーズでまた描こうと思ったけど、どんなのか忘れちゃったから、ちょっと気取ったドラゴンを描いてみたよ(笑))


以上、ドラゴンへのお祝いの言葉でした☆エンディングテーマは、日本昔話の『熊の子見ていたかくれんぼ~♪』ってやつでお別れです!!!(謎)
是非、皆さんもお祝いしてくださいねっ♪


あかん…早速、今日、数値解析学わからんかった…(汗)ドラゴン、HELP ME~!!!(絶叫の図(謎))



[PR]

by SUKEMARU-SUKEMARU | 2006-06-24 23:58 | ハッピーかい!?
2006年 06月 24日
心の中の物語
青年は、最近になって、自分の心の中に『ストレスタワー』が建っていることに気づいた。
さらに、その隣には、『ウジウジタワー』が建っていた。

青年は、今までこの二つのタワーに気づかなかった…
と言うよりも、気づかないふりをしていたのかもしれない…
日に日に、二つのタワーは大きくなっていく…
しかし、青年はタワーの成長を見てみぬふりをしていた…
二つのタワーは、『青年の性格の汚い部分の排気ガス』をどんどんと排出していった。

そんなある日、二つのタワーが青年のいつもの性格を『青年の性格の汚い部分の排気ガス』で隠してしまった…
青年は、いつもの性格を隠され、いつもの青年ではなくなったしまったのだ…
そして、彼は、普段あまり見せない、【怒り】、【いじけ】、【暗い顔】をして、数日間を過ごした…
友達にも【怒り】、もう取り返しのつかないことになってしまったのではないかと青年を襲う【不安】。
いつしか、青年の心の中は、『青色』から、『暗い青色』に変わってしまっていた。

青年は、思いっきり悲しんだ…
友達に【怒り】をぶつけてしまい…【いじけ】、【暗い顔】で過ごす毎日…
もう、友達には合わせる顔がない…本気でそう思った…
しかし、違った。
ある日、友達が、『ごめんね』という一言をくれた…
青年は、自分が本当は『とても小さな人間』だと知った。
いままで、自分の弱い部分である、【怒り】、【いじけ】、【暗い顔】を極力してこなかった青年だったが、
【怒り】、【いじけ】、【暗い顔】は青年が大人になるために必要なものだったのだ…
友達が、そのことに気づかせてくれた。
本当に大切なものは、友達…そして、いっぱい怒って、悲しんで、笑って…
そう、青年は、まだまだ子供だったのだ…


「感情…表に出して、自分の弱いところ、見せるのも必要なんだ…」


青年は、友達のおかげで、そのことに気づいた。
無意識のうちに青年は、『ストレスタワー』と『ウジウジタワー』のてっぺんによじ登り、泥だらけになりながらも
『青年の性格の汚い部分の排気ガス』で隠れてしまったいつもの性格を指差して言った。


「もう少し待ってて、もう少しで俺ってばも大人になれそうな気がするから…そしたら、君を助けにいけると思うから…」


f0011491_17275889.gif



いつもの性格とはしばらく別れを告げ、自分の弱さをみんなに見てもらおうと決意した青年をみた、いつのも性格は、
『青年の性格の汚い部分の排気ガス』に苦しみながらも青年の成長を見守ろうと決意したのだった。
そんな青年の背中には、傷つきながらも明日へ飛び立つ翼があった…


fin.






なんじゃこりゃって感じだよね…(笑)
でもまぁ、俺ってばが今日まで凹んでいた理由を詳しく書くよりはこっちのわけわかんない物語風に書いた方が良いかなぁ~と思って…(汗)
大体はわかったとは思います…わかったよね!?(無理やり(笑))
…ごめんね、意味わからなくって(汗)
でも、もう大丈夫だから!!!
そのことの報告って事で☆
皆さん、本当にご心配をおかけしました(涙)
ってか、最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございます!!!
こんな意味のわからん物語書いちゃって…(汗)

なにはともあれ…
これからの、"NEWスケ丸"に期待してくださいな!!!
では、明日から、また、通常営業開始!!!
今日のところは、お別れです!!!
シーユー♪
[PR]

by SUKEMARU-SUKEMARU | 2006-06-24 20:58 | 謎な企画系